• 製品案内
  • クロスローラーベアリング
  • 偏芯ベアリング
  • ボールベアリング
  • ローラーベアリング
  • その他精密部品
  • ベアリング試作
  • ISO9001:2008認証取得しました
  • BS NE ISO 9001:2008

ローラーベアリング

弊社で製作するローラーベアリングは、円筒ころ軸受・円錐ころ軸受(テ-パーローラーベアリング)・球面ころ軸受と多彩なバリエーションで、使用用途に応じ、総ころ型、ナイロン保持器付、揉み抜き保持器付、鉄板保持器付、シール付密封型、複列ころ型、などお客様のニーズに合致する高精度のローラーベアリングをご提供いたします。

CYLINDRICAL ROLLER BEARING

円筒ころ軸受

製作可能レンジ―内経MIN20mm 外経MAX200mm(N、NU、NF、NJタイプや、外輪のみ、内輪のみタイプ、フランジ付、総ころタイプなどバリエーション豊富に対応致します。)また複列タイプの円筒ころ軸受も製作可能です。

円筒ころ軸受

SPHERICAL ROLLER BEARING

球面ころ軸受

ローラーが太鼓状の球面をしており、ハウジングへの内外輪の組込み時の振れをベアリングで調整します。自動車用のステアリングギアに使用されるシングルタイプや、自動調心の複列タイプの製作も可能です。

球面ころ軸受

TAPERD ROLLER BEARING

円錐ころ軸受

メトリックタイプ・インチタイプ・急勾配・複列円錐コロタイプなど使用用途に応じて製作できます。保持器は鉄板打抜きタイプ、またナイロン樹脂タイプも製作可能。

円錐ころ軸受

SPECIAL TYPE TAPERED ROLLER BEARING UNIT

スキマ調整済ユニット型円錐ころ軸受

通常のテーパーローラーベアリングと異なり、外輪にツバを特殊金属接着剤で固定し、アキシャル方向のスキマが組み付けただけですでに調整された特殊ベアリングで、一部の自動車車種のリアホイールに使われており、通常のアウター・インナーの2個使いでスキマ調整するものを1つのベアリングでカバーするタイプです。

スキマ調整済ユニット型円錐ころ軸受

top